シミは消すよりも予防することが大事

20代の時はシミも特に気にならなかったのですが20代後半で出産後、日焼け止めを塗ることにまで手が回らずすっぴんのまま外に出ることも多かったので気付いた時にはシミがかなりできていました。

シミは一度できてしまうとなかなか消えないと聞いたことがあるのでそれからはこれ以上シミを作らないよう心がけることにしました。

まずは少しでも外に出る時は日焼け止めを塗ることを徹底しました。

また夏は日焼け止めを塗っても汗ですぐに落ちてしまうので気付いた時に日焼け止めのパウダーを塗るようにしました。

外出先で日焼け止めの乳液を塗るのは手も汚れて面倒ですがパウダーであればさっと塗れるので便利です。

それでも日差しを浴びてしまいシミになりそうだと感じた時はその日の夜に化粧水をたっぷりと肌にしみこませます。

ひりひりしている場合はコットンに化粧水をしみこませてしばらくパックをします。

私が今使っている化粧水は特に美白を謳ったものではありませんがたっぷりと水分を肌に補給することで少しずつシミが薄くなった気がします。

シミは気になりますが無理にコンシーラーで消そうとすると逆に厚塗り感が出てしまうのでシミは全部隠れなくてもメイクは薄く、日焼け止めだけはきちんと塗るようにしています。