シミに継続は力なり。

鏡を見ていてふと突然目に映る、この黒いの何だろう?って。

それがシミだと気付くのはある程度の知識も必要で、お手入れは多少はするけど、本当にこれが私に合っているのかは疑問で…。

私が24歳の時でした。ちょっと自分の顔見てみない?と知人から声が掛かりました。

それは今の私の肌のどこにシミやソバカス(予備軍)があり、将来出てくる場所が分かるというものでした。

美容には興味はあるけどそこまで気にも止めていなくて大丈夫と思ってそこでは少し説明を受けて終わったのです。

それから心の片隅では気になっていたんでしょうね、ドラックストア等で美白化粧品を良く見ている私がいました。

またしばらくたったある日のこと、ココなに?親友に指差し指摘を受けた場所…忘れもしない未来の肌が見える機械で、ちょうどそこにほくろがあるのでよく覚えていた箇所のシミだったのです。

本当にショックでした…シミが出るの早くない?と。かと言って肉眼では何か薄汚れているくらい?のレベルでした。

そんな時一度声かけてくれた人にどんな化粧品を使えばいいのか相談しました。そこでハッキリと言われたのが、どんな化粧品を使うかではなく、どこまで長く続けて使えるか、の言葉でした。

肌が生まれ変わるのは最低(その時の年齢から考えると)28日はかかる、人それぞれの周期で押し上げ薄くしていくのを手助けする新陳代謝を活発に促してあげるのがいいと。

その時絶対こすらないで優しく軽く押さえて馴染ませるだけで十分と教えてもらいました。

シミができるのも1日2日じゃない、様々なトラブルが重なり蓄積してきたもの、そう簡単に取れない。

それを頭において継続していくのが大事なのです。